Power Automate Desktop によるWEBデータ自動収集画像
 
 

Power Automate for Desktop
できること 活用事例

WEB 情報 手動収集
VS
WEB 情報 自動収集

 

Power Automate for Desktop できること 活用事例

この記事では、 Power Automate for Desktop を活用することで、人が手作業をした場合と Power Automate for Desktop で自動化した場合の作業時間がどう変わるかを検証します。WEB 情報 を人が収集した場合(以下、 WEB 情報 手動収集)と Power Automate for Desktop が自動収集した場合(以下、WEB 情報 自動収集)の作業時間を比較検証し、自動化による生産性向上の効果を確認します。

関連記事

Power Automate で できること や 活用事例 は「 Power Automate ・ Power Automate for Desktop で できること 活用事例」でも多く紹介しています。

 

目次

WEB 情報 手動収集 VS WEB 情報 自動収集

WEB スクレイピング

手動収集

自動収集

Power Automate Desktop WEB 情報収集 動画

結果

Power Automate Desktop による自動化のメリット考察

Power Automate Desktop を活用したWEB 情報収集

まとめ

WEB 情報 手動収集 VS WEB 情報 自動収集

今回は、自社のWEB 情報収集 を行う際に手動で作業を行った場合と、Power Automate for Desktopを使用した場合で、作業時間がどれだけ違うのかを Power Automate for Desktop で 自動化フロー を作成して実際に比較検証します。

WEB スクレイピング

なお、WEB 情報収集 することを WEB スクレイピングと 言います。
WEB スクレイピングをする際は、下記例のような注意事項があります。注意事項を自身で確認を行った上で、スクレイピングはご利用くださいね。
・サイトの規約をチェックし、スクレイピングが禁止されていないかを確認する
・取得先のサイトのサーバーに負荷をかけないようにする
・取得した情報を解析以外の目的で使用しない

手動収集

手動でWEB 情報収集 します。 
自社のWEBサイトにアクセスし、手動で収集作業をすることを想定します。

自動収集

Power Automate Desktopを使用して自動で WEB 情報収集 します。
自社のWEBサイトに自動アクセスし、収集作業も自動で行います。

Power Automate Desktop WEB 情報収集 動画

Power Automate Desktopが WEB 情報収集 する動画です。

結果

サンプルサイトで検証したところ、WEB 情報手動収集は5分、 WEB 情報自動収集 は20秒と約4分30秒の差があります。
手動で行った場合は入力ミスや操作ミスなどでさらに時間がかかる可能性もあるので、Power Automate for Desktopで行うのは速くて正確にできるのでとても生産的ですね。

Power Automate for Desktop による自動化メリット考察

今回の動画を元に、収集するデータが増えた場合に、どのような時間となるかを算定してみます。
※1分未満の時間は切り捨て

収集データ件数 手動収集自動収集
5050分3分
1502時間30分9分
3005時間18分
4507時間30分27分
60010時間36分

50件のデータ収集を手動で行う場合50分、600件では10時間かかります。
Power Automate for Desktopで 自動入力すると、600件で36分となります。約9時間の効率化が達成できます。
Power Automate for Desktopを専用マシンで動作させれば、 600件のケースでは10時間の効率化が達成できます。

なお、システム自動入力のPower Automate for Desktopシナリオを作成するためにかかった時間は2時間でした。シナリオ作成時間を差し引いても、8時間の効率化が達成できると言えます。

さらに件数が多い業務や、2年、3年と継続すると、効率化効果は高くなりますね。
自動化によってデータ入力業務から解放され、空いた時間は他の重要業務に活用することができますね。

Power Automate for Desktopを活用した WEB 情報収集

Power Automate for Desktopを活用した WEB 情報収集 は、本記事の内容の他に次のようなことへの利用も考えられますね。
・基幹システム上の販売情報を収集する
・基幹システム上の社員情報を収集する
・基幹システム上の管理情報を収集する

まとめ

Power Automate for Desktopを活用することで、 WEB 情報収集 作業時間を短縮したり、実行時間設定によって従業員が退社した後に自動作業をすることが可能となり、業務を効率化することができます。
さらに、人は人による判断が必要な重要業務に注力することができるようになり、生産性の向上や売上の向上に繋げることができます。
是非あなたも Power Automate for Desktop を活用し、 生産性の向上や売上の向上を実現してはいかがでしょうか。