弱視 とは 記事イメージ画像

弱視 はご存じでしょうか。本記事では、 弱視 に関する情報と 弱視 を早期発見するための情報を紹介します。

弱視 と 早期発見の重要性

弱視 とはイメージ画像

 生まれたての赤ちゃんは視力が0.01程度と低く、ぼんやりとしか周りを見ることができません。焦点が合っていないように見えたり、動きを追えなかったりする様子があるのも、このためになります。その後、様々なものを見ることによって目を使うことを繰り返し、視力が発達し、3歳程度で1.0に到達すると言われています。

 この発達の段階で障害が発生し、眼鏡やコンタクトレンズといった視力を矯正する道具を使っても、視力が良好な状態にならない状態を「弱視」といいます。

 幼い子供の発達段階で障害が発生するため、「弱視」は発見が難しいものです。筆者の子供も、3歳児健診で異変を感じ、病院の診察で左目が弱視と分かりました。生まれつき、あまり見えない状態であったことから、本人としてはそれが当たり前と感じていたようです。見えないということが「弱視」であるということも、診察後に初めて認識ができました。こうしたことから、発見することの難しさも感じてもらえるのではないでしょうか。

 また「弱視」に関しては、早期発見し早期治療をすることが非常に重要であるとされています。これは次の理由があるためです。

 「弱視の治療期間には制限があり、これはヒトには視覚の感受性期間があるためです。ヒトの視覚の感受性の強さは1歳半程度でピークを迎え、8歳移行は極めて低下すると考えられています。そのため、弱視は可能な限り早期に発見し、また早期に治療を始め、概ね8歳までには治療を終える必要があります。」

※出展:絵視標視力検査アプリ 弱視とは より(新しいタブで開く)

弱視 の治療

弱視 の治療イメージ画像

 弱視と診断された場合には治療が必要となります。治療は医師の指示の元、眼を日々訓練していくことで行われます。訓練の1つは眼鏡を常用することです。眼鏡によって、弱い方の目も正常に見える状態に近くなります。眼鏡を常用することは必須です。もう一つは、アイパッチというものを使うこともあります。アイパッチを使うことで健康な目を塞いで、弱い方の目を強制的に使用する状態にします。

 なぜこのようなことが必要かというと、弱視の場合はどうしても強い方の目を使って物を見ようとします。それにより、ますます、強い方・弱い方の利用頻度に差が付き、結果、弱い方が鍛えられない状態になります。そのため、眼鏡で見える状態を作ったり、アイパッチで弱い方の目を強制的に使い訓練することが必要です。

 ただし、眼鏡を常用することも、健康な目にアイパッチをすることも子供にとっては、不快な状況であるため、習慣づけが重要になります。また、弱視は治療に長い期間が必要になるため、効果がすぐに見えず子供も親も忍耐が必要になります。

 筆者の子供も、眼鏡を常用することと、毎日アイパッチによる訓練を行っていました。眼鏡とアイパッチの訓練を子供が毎日していたのは、根気よく一生懸命頑張っていたなと今でも思い出します。 弱視 の子供を育てられた方は、訓練の日々を思い出すと、感慨深いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

早期発見のために

弱視 の早期発見するためにイメージ画像

 弱視を早期発見するためには、まずは子供の健康診断を確実に実施することが必要です。ただし、幼い子供であるがゆえに診断の際に、ふざけたり、暴れまわったり、ずっと泣いていたりするかもしれません。こういったことにより、正常に診断できないこともあるかもしれません。

 そんな困った状況を、アプリで少しでも解決してもらう目的に、弱視 専門家の先生が開発された、「絵視標視力検査 アプリ」があります。このアプリでは、スマホを使った視力検査ができますので、子供が落ち着いている状況でさっと起動して使えます。またイラストベースで視力検査ができますので、子供に絵本を読み聞かせるような感覚で診断することができます。

 なお、3歳児健診で弱視と診断された筆者の子供も、早期発見と、毎日の訓練のおかげで、6歳でアイパッチ訓練が不要になり、9歳で眼鏡をかけなくても良い状態になり、今では裸眼で両目が2.0という状況になりました。

もし「絵視標視力検査 アプリ」にご興味がある場合は、下記のボタンからアプリ紹介ページに移動していただき、画面下に記載されているお問い合わせのメールアドレスに、アプリについてお問い合わせください。
 ※絵視標視力検査アプリはiPhoneでのみご使用いただけます。

 

絵視標視力検査 アプリ

 

 なお、「絵視標視力検査アプリ」は視力検査のための補助と考えて、気になる点があれば、必ず早めに眼科を受診するようにしてくださいね。

目の健康を管理しましょう

弱視 の目の健康を管理しましょうイメージ画像

 日々、体の健康管理を重視している方は多いと思いますが、目についてはどうでしょうか?人が受ける情報の8割以上は、視覚と言われていますので、目についても健康管理をしていきたいですね。目の健康を管理するために、「視力・度数・弱視訓練時間メモ アプリ」を使ってみてください。目の情報として「裸眼視力」「矯正視力」「球面度数(Sph)」「乱視度数(Cly)」「乱視軸(Axis)」を管理することができます。定期的に視力を測定している場合は利用してみてください。

 また、弱視の治療効果の確認として、視力を管理していくこともできます。さらに弱視では、日々の弱視訓練で、ストップウォッチを使ったり、訓練時間を記録するといったことが必要になります。本アプリでは、弱視訓練のためのストップウォッチ機能や訓練時間記録機能も備えていますので、弱視治療の補助ツールとしてもご利用くださいね。

 

視力・度数・弱視訓練時間メモ アプリ

Android

iOS

弊社は記事で紹介したアプリ開発に携わっております。本記事で紹介したアプリをはじめとしてさまざまな実績があります。アプリ開発のご相談についても、お気軽にお問い合わせください。

▼ アプリ開発について無料相談する ▼